プチうつだと診断されたら即治療【早期治療が早期回復に結びつく】

サイトメニュー

精神科にかかる前に

カウンセリングを受ける中年女性

治療の種類や選ぶ基準

プチうつになってしまった場合には、診断を受けるのが一番になります。診断を受けた結果、うつの可能性もありますので精神科・診療内科などで診断をしておくことが大事です。診断が終わった後の具体的な治療方法ですが、一つが薬物療法になります。うつの症状を引き起こしているのは脳内のバランスになります。プチうつの場合でも、頭の中の神経のバランスが崩れてしまっているため、神経伝達物質のバランスも同時に崩れていることがうかがえるわけです。そこで、神経伝達物質の正常化を図るために神経伝達物質の分泌をより促進させるための薬を使う必要があります。これにより、毎時飲み続けることにより安定した気持ちを維持することができるようになるでしょう。このように考えれば、一時的に安定感を得ることができますがあくまで一時的な話しになりますので、長期的に考えてその状態から脱出しなければなりません。この時に必要な治療方法の一つが、精神安定を図る方法です。精神的に不安定な状態を安定させるための方法の一つは、対話することが必要です。ただ、対話するといっても家族と対話をしたり友達と話しをしたりしただけでは根本的に変化があるわけではありません。それよりも、医療従事者と話しをすることにより心を楽にすることができます。具体的には、医師や臨床心理士などがこれにあたるでしょう。プチうつと感じた場合には、診断をしてもらう必要がありますがこのとき病院選びが重要になります。病院選びの基準としては、まずプチうつの状態でもしっかりと診断してくれるところにお願いするべきです。普段から重度の患者ばかりを見ている医者は、プチうつの人に対しては「それほど重要ではない患者」と判断しているケースもあります。ですが、本当に良い医者の場合には、どのような症状でしっかりと診断してくれるのが特徴です。このように、一切の対応した時などにこちらの話を丁寧に聞いてくれ、それに対して何らかの明確な判断をしてくれる病院を選ぶのが一番でしょう。ただ、病院選びがうまくいったとしても、毎回担当の医師が変わっているようではあまり意味がありません。そこで、医師を指名することができる病院を選ぶことが重要になります。もし指名することができない場合でも、担当者がほぼ変わらないところや変わったとしてもすべての医者が一定レベルの基準に達しているレベルの高い病院ならば安心して任せることができます。それ以外の基準としては、30秒程度の診察で終わらせないようなところがよいです。医者としても、患者の数が多い場合には急いで行いたい気持ちもあるでしょう。ですが、患者にとって医者は一人だけですのでじっくりと対話をすることが望ましいです。