プチうつだと診断されたら即治療【早期治療が早期回復に結びつく】

サイトメニュー

気付きにくい病気

悩む成人女性

プチうつ病は過食や過眠、鉛様麻痺といった非定型うつ病と同様の症状が短時間だけ現れる病気です。日常生活に支障が出ないことが多いため、診断と治療に結びつくことが少ないです。しっかりタイプが罹りやすいので、心当たりがあれば受診しましょう。

詳しく見る

心のサインかもしれません

悩む成人女性

うつ病はありふれた病気の一つです。1人で悩まずにできるだけ早く専門の医療機関で治療を受けることが必要です。もし本人が受診を拒絶したり、病気であるかどうかの判断に迷ったら、プチうつ診断を目安とするのが便利です。

詳しく見る

クリニックの存在を考える

医者

プチうつはなかなか自分でも気がつかない人が多いですが、悪化してしまう前にクリニックに行き解決しておくべきです。責任感があり頑張る人など、無縁に感じがちな人もかかりやすいので診断をしてチェックしておきましょう。

詳しく見る

精神科にかかる前に

カウンセリングを受ける中年女性

プチうつの症状が出ている場合には、専門の医者に診断をしてもらいましょう。治療法としては脳の伝達物質を高める薬を飲む方法と対応する方法があります。病院の選び方は、患者一人一人に対して先生が丁寧に対応してくれるところがよいです。

詳しく見る

おおよその治療費

ハート

自宅でも練習して

まだまだ認知度は低いものの、うつ病でも精神的症状や身体的症状が一定時間、もしくは一定期間だけ現れる、プチうつ病が増加傾向にあると言われています。非定型うつ病の前段階と言える症状です。精神障害に対する世間の理解や研究が進んできたことが、背景にあるのかもしれません。これまで気分屋と言われてきた人達も、精神障害であった可能性があります。典型的なうつ病であっても、すぐには診断がつかないことが珍しくありません。初回のカウンセリングで薬を処方し、何週間も飲み続けてもらった上で効果が出るか見て診断に至るケースも少なくないです。症状が継続しないプチうつ病の診断は、さらに容易でないことが想像できます。いずれにしても早期治療が早期回復に結びつくことはわかっているので、早い受診が理想です。通院にかかる費用は3割負担の患者で初診料が2260円ほど、再診料が1420円ほどです。薬は、古いタイプのものであれば安価で、新しいタイプのものであれば高めになります。新薬以外ではジェネリック薬を選ぶことも可能です。合う合わないは個人差があるので、人によっては新薬を処方されることもあります。ひと月に支払う治療費は、5000円から6000円程度を目安にしておくといいかもしれません。プチうつ病と診断されれば、抗うつ薬を処方されるのが一般的なものの、精神療法を併用することもあります。中でも確立された精神療法の一つが、認知行動療法です。精神障害を患いやすい人に、先入観が強いタイプや思考が偏りやすいタイプが挙げられます。認知行動療法は、そうした考え方の癖を直すのに効果的です。認知行動療法は、気持ちが大きく揺れたときに浮かんだ考えと現実にどのくらいの差があるか確かめ、差を縮めて行く練習をします。1週間に1度の頻度が目安ですが絶対ではなく、2週間に1度など、個々に合わせて行われます。定期的な面接で十分な効果が期待できますが、ホームワークとして普段も自分で行うと、より効果的です。特に気をつけたいのは、生活リズムを整えることです。毎日決まった時間に起きたり寝たりして、休日だからと言って、寝過ぎないように気をつけます。生活リズムが乱れると脳内環境も乱れて、症状が悪化しかねません。それから、プチうつ病の人は元々思考がネガティブになりがちなので、ポジティブに物事を捉えられるように心がけます。病気だと診断されるとショックを受けるかもしれませんが、今後より良い状態で生きられると明るい方向に考えることが大切です。また、医師と交わした薬や通院の約束は守るようにしましょう。